cd02100c0d9fe9465636008f420ff37c_s

女性にはウエスト部分にくびれがあります。

さてその女性の美しさを象徴するようなくびれですが、
みなさんは、くびれのある男性を見たことがあるでしょうか?

多くの人はないと答えるはずだと思います。

ですが。。。なぜ男性にはくびれがないのでしょう?

スポンサーリンク

◆くびれは女性にはあって男性にはないの?

くびれが女性にはあって男性にはない理由。

厳密にいうと、くびれは女性にはあって男性にはないのではなく、
男性は女性に比べて、くびれが目立ちにくいのです。

その理由とは

①肋骨と骨盤の間の距離
②骨盤

といった、主に男女の骨格の違いにあります。

◆肋骨と骨盤の間の距離とは、どういうことか?

まず骨格の問題ですが、肋骨と骨盤の間には、
お腹のあたりに肋骨にも骨盤にも支えられてない部分が存在します。

これが、くびれの正体です。

・くびれの正体とはどういうことか?

肋骨(あばら骨)によって支えられて横幅のある上の部分
骨盤によって支えられて横幅のある下の部分

そのどちらにも支えられておらず横幅のない部分があります。

この横幅のない部分、つまりへこんでいる部分がいわゆるくびれなのです。

・男女ではこのくびれ部分がどのように違うのか?

さらに男女では骨格も違い、それがくびれの有無に繋がっているのです。

男性の場合、肋骨と骨盤の間の距離が女性よりも短いのです。
そのため、へこんでいる部分が目立ちにくいのです。

逆に女性の場合肋骨と骨盤の間の距離があります。

ですから、男性に比べてくびれが確認しやすいわけです。

スポンサーリンク

◆骨盤の違いとは?

もう1つの理由が骨盤の違いです。

女性は妊娠し、出産までの間お腹の中で赤ちゃんを育てます。

当然赤ちゃんはお腹のなかで大きくなっていくのですが、
赤ちゃんが育つスペースをしっかり確保するために骨盤が広くなってているのです。

一方で男性は妊娠することがなく、
骨盤を広くする必要がないため女性よりも狭くなっています。

この理由から、男性の場合、お腹部分と骨盤部分の差が出にくいのです。

男性は肩幅が広く骨盤が狭いため、形としては逆三角形。

一方女性は胸があり骨盤が大きく、
形としては逆三角形と三角形がくっついた形となります。

また、男性の場合は、

古くから狩りや戦いなどに出ることがあり、身を守るために肋骨が発達して、
女性よりも大きくなっているというのも1つの理由になります。

これも男女の違いです。

このように、男性にくびれができないのは主に骨格が大きく関係しています。

◆最後に

もちろん個人差があるので、
男性でもある程度のくびれがあるという方はいるかもしれません。

しかし上記の理由により基本的に男性にはくびれは見えにくいのです。

また女性の中には手術によって肋骨の一部を取ってしまう方もいます。

肋骨のせいでくびれが目立ちにくいなら、その肋骨を取ってしまえば、
くびれができるという理屈です。

昔はコルセットで締め付けていたりもしてました。

スポンサーリンク
おすすめの記事